購入数

ベシカパイシス型のコリドラを3個連結させることで、よりパワーアップさせました。 地磁気を補いながら脳の血流を著しくアップさせる結果がでています。ネックレスになっているので、どのような場面でも使える優れもの。 常に地磁気を補いたい方、受験生や物忘れを防止したい方へ!! ぜひ、おすすめします。

♦人工電磁波から身を守る3つの方法♦

1、地磁気を補う地磁気とは地球が自転や公転をすることによって生まれる磁石のような力で、刻一刻と変化する。
私たちの周りには人工電磁波から私たちを守るバリヤーの役割をする目に見えない磁場がある。
そのバリヤーの材料になるのが地磁気である。

2、土に接する土に接することで地磁気を補い、体内の余分な電気をアースする。
しかし、現代人は土に接することが少ないため、地磁気の摂取不足になる。
そうすると家庭内電子機器や電気コンセントなどからの人工的な地場から身を守れなくなり、
電磁波の影響をそのまま受けてしまう。

3、電気コンセントから離れる少なくとも寝るときは電気コンセントから2m以上離れて寝る。
生活には必要不可欠な電気コンセントの対策としてはブラックアイを貼り、電磁波対策をすることをお勧めする。

電磁波から身を守るためには、コリドラで地磁気を補いバリア機能を高め、
ブラックアイで人工電磁波を放出するので併用すると効果的です.

♦地磁気について♦

地球は巨大なN局とS極の磁石。地磁気は地球が持つ磁性(磁気)であり、地磁気は地球により生じる磁場(磁界)である。
その磁力(地磁気)によって私たち人類は何億年もの間、生かされてきた。地磁気がなかったら人類は存在しなかったかもしれない。
地磁気は、強さや向きも場所によって違うだけでなく、刻々と変化しており、近年地磁気が弱まっているとの説もある。

地磁気を測定したデータによると、戸外の地磁気に比べ、電車・自動車・ビル・マンションなどの
屋内で測定した地磁気は半分近くに減ってしまう。
これが現代人が慢性的な地磁気不足と言われる原因にもなっている。
地磁気が不足すると、中枢神経系の乱れ、代謝能力の低下など生体機能の乱れが起こるとも報告されている。
『病気でないのに元気がでない』は地磁気不足のサイン。地磁気を補って解決しましょう。

♦素材:フェライト系セラミック、綿紐
♦サイズ
・本体:25×25×12.5mm
・綿紐:全長 約100cm

イメージはありません。

レビューはありません。

カテゴリーから探す

グループから探す