購入数

マコモ100%のお風呂用エキス!
マコモの粉末から抽出したエキスのみとなっているので、添加物は一切使用しておらず、小さなお子さんからお年寄りまで安心です。

真菰(マコモ)とは?
真菰は、沼や川、田んぼの水路など、水際のいたるところに自生するイネ科の大型多年草です。水中の泥土に根を張り、春にタケノコ状の芽を出し、夏までに草丈が1メートルから2メートル以上にまで成長します。

また、真菰は地域によって、カツミ、ハナカツミ、ガッコ、コモクサなどとも呼ばれています。真菰は神話の時代からその実在が知られており、『古事記』や『日本書紀』『万葉集』などにも記述があります。現代でも神仏に供せられるケースがよく見かけられます。

伊勢神宮の象徴が「麻」というのはよく知られていますが、出雲大社の象徴が「真菰」ということはあまり知られていません。
出雲大社のあの太いしめ縄。あれが真菰でできているのです。
真菰は島根の出雲大社だけでなく、東京の神田明神、千葉の香取神社、埼玉の氷川神社、大分の宇佐神宮など、多くの神社に神事として残っています。

真菰と日本人のかかわりは神事だけではなく、仏事にも大きくかかわりがあるのです。お釈迦様が真菰で編んだむしろ(寝床)に病人を寝かせて治療されたという仏話があり、これが日本に伝わり、お盆に真菰で編んだ「盆ござ」や「盆舟」を奉げるようになったといわれております。
使い方
お好みの量、浴槽に入れてお風呂をお楽しみください。

浴用マコモの使い方

浴槽に1〜2本を入れて使用します。

初めて使用する場合は、マコモが体に働きかける力が強く作用して、お湯が濁る場合があるため、様子を見て少しずつ足してください。
マコモ菌が不要な菌が発生しない環境を保つので、お湯は絶えずきれいな状態です。追い炊き機能付きのお風呂なら、お湯を変える必要がありません。

使用方法

追い焚き機能のついているお風呂を使用されている場合は、浴用マコモを1-2本をまるごとお風呂にいれて、お湯は変えずに1-3ヶ月程度使用します。

通常のお風呂(追い焚きせず毎回お湯を変える)の場合ですと
1回に浴用マコモ150ml(コップ一杯)程度を入れて入浴するのがおすすめです。

マコモ風呂は250l浴槽に1本(1000ml)が目安。
お湯が蒸発してきたら少しずつ足していきます。
また、粉末タイプの粉を追加するのも効果的です。

マコモ菌は生きていて老廃物を分解してくれますので、お湯の取り替えの必要がなく、経済的に健康になることができます。

※本品は飲用ではありませんので、ご注意下さい。
商品詳細
●原料:真菰
●内容量:1000ml

イメージはありません。

レビューはありません。

カテゴリーから探す

グループから探す