1

自然食品店【マクロビオティック・無添加食品・オーガニック食材・健康機器】オーガニックガーデン いのちの樹

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

メールマガジン


店長コーナー

日野堅也

●極上の本物を味わってみませんか? 店長が魂こめて探し出した「本物商品」のみを厳選して扱っています。

ブログでも若返りや健康情報更新しています。究極の若返りを実現するメルマガに登録していただきますと、「白髪にならずに歳をとらない究極の若返り方法」のレポートをプレゼントさせていただきます!

●健康情報は、You tube動画でも配信していますので、ぜひご覧ください。チャンネル登録もぜひ!

●ともに若返っていきましょう!

店長日記はこちら

2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
平日10時〜19時 土曜・祝日10時〜18時営業。日曜日定休日になります。

モバイル

売れ筋商品

Feed

カタカムナ・コズミックウェイブ(マルチフラットシーツ)

8首毎のウタヒを、黄金螺旋にし人体のメビウス構造と同じように配置しており、カタカムナシリーズ内で最もパワフルなパワーを持ちます。

高波動睡眠で、体も心もリフレッシュ!

このカタカムナ・コズミックウェイブ(マルチフラットシーツ)には、カタカムナウタヒ全80首が網羅されています。
丸山医師により、カタカムナ効果を最大限引き上げるように、あらゆる仕掛けが施され、より強力にミスマルノタマを誘導します。

そのため、奇跡の神話シリーズ内で最も高次元からのエネルギーをパワフルにボディ、マインド、スピリットに働きかけることが可能です。
いつもの睡眠が、ミスマルノタマによって高波動の睡眠へと変わることで、心身の浄化を行いながら、霊性を高め、オーラやチャクラへのポジティブな影響が期待できます。

ミスマルノタマ強化の仕組み
●カタカムナウタヒ8首毎に、黄金螺旋状にヤタノカガミで連結。
●正と負、鏡文字のカタカムナウタヒがミニブラック・ホール形成。
●三次元と四次元を確実に繋ぐ、ガウスカタカムナウタヒ
●人体のメビウス構造と、DNA二重螺旋を取り入れた親和性の高い配置。

■8首が合体!エイトドラゴン・カタカムナのヒーリング効果
全80首のカタカムナウタヒを1〜8首、9〜16首と8首ごとに分け、「ヤタノカガミ」を中心に、それぞれのウタヒを黄金螺旋状に配置しました。

完成した図形が、8匹の龍が渦巻いているように見えるため「エイトドラゴン・カタカムナ」と名付けられました。

そのエネルギーは、人を優しく包み込み、気持ちをほぐしてくれる心地よさを感じることができます。

■正と負、鏡文字でつくるミニブラックホール!?

カタカムナは、見える世界と見えない世界をつなぐ神聖な文字です。
そのカタカムナも、陰と陽、光と影のように正反二つの側面を持ち合わせていて、見えない世界から、見える世界への入口となるのが「正」のカタカムナ、逆に見える世界から見えない世界への入口が「負」ぼカタカムナであるということを発見しました。
見える世界と、見えない世界のつながりをもたらすため、量子力学の発想から鏡文字のカタカムナが誕生し、正、負、鏡文字(正)、鏡文字(負)の4つが集まった時、ネガティブなエネルギーを吸い取るミニブラック・ホールのような空間が出現しました。

■三次元と四次元を確実に繋ぐ最後のトリガー、ガウスカタカムナウタヒ

宇宙には、さまざまな次元(パラレルワールド)が存在し、相互につながり複雑なネットワークを形成しています。
そのため、その次元ネットワークに不具合やエラーが発生しブレが生じることがしばしばあります。

その問題を解決するために誕生したのが、ガウスカタカムナウタヒです。

私達が存在する三次元世界に、もっとも適した四次元世界を確実につなぎ、均衡を保ちながら渾然一体化させる役割を果たしています。
正と負、鏡文字の中央に、このガウスカタカムナを設置することで、それぞれの結びつきを強め、4つが正確な働きを行えるようにまとめるトリガーになります。

■体のメビウス構造とDNA二重螺旋を取り入れた配置

このシーツのカタカムナの配列は、DNAの構造と同じ二重螺旋構造になっています。
それは、あえて「ねじれ」をつくることによって、人体との親和性を最大限に引き上げるための仕組みです。
三次元と四次元世界は、メビウスの帯のようにねじれながら循環しています。
そのメビウスの帯が、私達の身体にも存在しているのです。
それは、自分のお腹や背中を触ってみるとわかります。
背中は硬いが、お腹は柔らかい、太ももの前面は硬いが、後面は柔らかいなど、線でつなぐとねじれるように前後に存在しています。

背中の部分は腰でねじれ、太ももの前面につながり、一方、お腹の部分は、腰でねじれ太ももの後面につながっています。

神経系も独自のねじれをもち、左の大脳は右半身を、右の大脳は左半身を支配し、さらには遺伝子情報を保持するDNAもねじれをもっています。

人体の腰から上が四次元世界に対応し、腰の部分が三次元世界に対応しています。
人体の様々な部分に存在するねじれは、四次元世界とつながり、そのエネルギーを自然と取り入れることができる特別な構造なのです。

■そもそもカタカムナって何?

カタカムナについて話す前にまずは、カタカムナ文字について説明しなければなりません。カタカムナは上古代と呼ばれる一万二千年も前の時代に使われていた言葉で、図のような線と円のシンプルな要素で作られた言葉のことです。そしてカタカムナ文字は立体でした。レオナルドダヴィンチが鏡文字を使って脳の異次元レベルの進化を遂げたのと同じよ
うに、立体文字を使いこなしている上古代人カタカムナ人は高次元人であったと考えられています。



カタカムナ発見

カタカムナ文献を発見したのは楢崎皐月という科学者です。一九四九年に、兵庫県六甲山系の金鳥山で科学の研究として大地電気の測定をしていたときに、平十字という猟師か
ら「動物たちが困っているから、その測定をやめてほしい」と頼まれて、すぐにその通りにしたら、お礼にと不思議な巻物を見せてもらったという。それは御神体の巻物だというのです。
その巻物に書かれた文字が渦巻き状に書かれていて、神代文字の八鏡文字(※)に似ていたので、頼み込んで巻物を20 日間借りて、急いで書き写したのが、カタカムナの存在が世に知られ、るきっかけになりました。
※八鏡文字…八鏡文字とは、上古代の日本に存在した高度な文明を持つ種族によって創られた文字。



カタカムナウタヒは人類の至宝

カタカムナ人がカタカムナ文字で自分たちの知識や文化を記したものをカタカムナウタヒという。カタカムナウタヒは80首あり、これらはみな、五・七・五・七調の和歌に似たリズムを持っている(中には字余りもある)。例えば、ヒフミヨイ・マワリテメクル・ムナヤコトのように第5首を例にとると中心にはヤタノカガミという図形があり、それをとりまくようにカタカムナ文字が右回りの渦(画像参照)を描くように書かれています。
80首ものカタカムナウタヒには天文学や農業、現代の最先端科学である量子力学と同じかそれ以上の内容が記されています。そしてカタカムナウタヒを紐解いていくと、そこには現代科学をはるかに凌ぐ高度な文明があったことがうかがえるのです

カタカムナという古代文字や、それにより書かれたカタカムナの謡(カタカムナウタヒ)は、潜在意識に対して、子守歌や言葉のように働きます。
それは人間のDNAがもつ、黄金比や六角形の原理にカタカムナウタヒが共鳴するために起こります。

顕在意識(私)がカタカムナウタヒを謡うとき、潜在意識は、顕在意識(私)を認め、一緒になって人生を創造しようとします。その結果、私たちは神々のように、人生を思い通りに歩むことができるのです。

◎カタカムナウタヒとは、潜在意識とつながるための言葉や音、形である。
◎カタカムナ文字で書いた願い事は、潜在意識が理解することができる。
◎カタカムナウタヒを謡いながら、願い事を祈ると、祈りが届きやすい。
◎カタカムナウタヒの図象を身に着けて生活すると、自分の思った通りのことが実現しやすくなる。
カタカムナウタヒを謡い、身に着け、書くことは潜在意識を最大限にケアすることになります。すると潜在意識は、いついかなる時も、全面的に顕在意識(私)の味方となってくれるのです。



開発者 丸山修寛氏よりメッセージ

最近、神さまが話題になっていますよね。「神ってる」なんていうのもその一つですし、「神さまに愛される〜」「妻に龍が付きまして」なんて本も出ています。今回、持った人、使った人が神さまのような存在に愛されて幸せになれるものをプロデュースしました。これまで多くの人が「ウッソー」というような素晴らしい体験をしています。

カタカムナを研究し始めて20 年になります。本業はアレルギー専門の開業医ですが、現代医学だけでは治せないことが多々あります。どうすれば難病を治せるかと切実に思っていると、インスピレーションを通してカタカムナの知恵が降りてくるようになり、治療に使い始めたところ、治せる病気が劇的に増えたのです。私はこれを「カタカムナ医学」と呼んでいます。

カタカムナは、1万2千年以上前の上古代時代の文字で、日本語の48文字48音図に一致しています。このカタカムナ文字を使っていた人々を、私は、カタカムナ人と呼んでいます。カタカムナ人は、現代人よりも感覚や能力が格段に発達していて、宇宙や原子の真空の中に発生する素粒子が見えていたのではないか。その素粒子の形をそのまま文字にしたのがカタカムナ文字だろう、と私は考えています。私がはじめてカタカムナ文字で書かれたカタカムナウタヒの第五首を唱えたとき、私の周りに半径2.5メートルほどの目に見えない不思議な球体(ミスマルノタマ)が現れました。そして、この不思議な球体(ミスマルノタマはカタカムナウタヒの第五首を読むたびに間違いなく現れることがわかりました。)球体が現れ、その中にいると身体は熱くなり、手や指先がじんじんとしてきます。そのため球体は目に見えなくても、そこにあることがわかったのです。なんらかの不調がある患者さんをこの球体の中に入れると、たいてい身体が温かくなったと言ったあとでそれまであった症状がとれていきます。

このようなことから体が元気になるためにカタカムナを応用できないかと研究を重ね、だれでも簡単にカタカムナを使うことができるようにしたものが「神話の奇跡シリーズ」です。カタカムナウタヒを見たり謡ったりするのはもちろん、いつも身の回りにおくことで、高次元との架け橋となり、私たちの細胞やDNAは、素粒子レベルで応えてくれるでしょう。

商品詳細

●サイズ:約130×240cm
●素材:綿100%
●重量:407g
●製造国:日本

販売価格 16,200円(税1,200円)
購入数

ピックアップ商品